草刈りでガーデンメイク【理想のお庭づくりをサポート】

園芸

使い方

庭

刈払機の仕組みについて

刈払機は、シャフトの後部に取り付けたエンジンなどの動力源を使い先端を回転させ、そこに丸鋸状の刃やナイロンコードなどを取り付け、その回転力によって地面に生えている草などを刈り払ってしまう機械のことです。一般には草刈機とも呼ばれます。刈払機の動力源としては20ccから40cc程度の小排気量のガソリンエンジンが使われるのが一般的で、エンジンの仕組みが利用メンテナンスが容易な2ストロークエンジンが主に使われていましたが、現在では環境のやさしい4ストロークエンジンを搭載したものも登場しています。また近年ではリチウム電池の高性能化が進んだため、電動式の刈払機も登場しています。価格は1万円5千円前後のものから5万円前後のものが中心になります。

利用することによって得られるメリット

刈払機を使う場面は、雑草などの生えた場所の草を刈るために使われます。刈払機を使うメリットとしては、シャフトが長いので立った状態で草が狩れるということです。また強力な回転力で刈り払うので、手で刈るよりも効率的に草刈りを行うことができます。刈払機で使われる刃は金属製のものが使われますが、一般に売られているのはチップソーが中心になりますが、笹刈刃など用途に合わせたものも登場しています。また金属刃は柔らかい草は刈りにくい欠点がありますが、ナイロンコードであれば柔らかに草も効率よく刈ることができます。なお、高速で回転するため石などを飛ばす危険性があるため、作業を行うさいにはそれらに対応できる装備を行ってから周囲に注意を払いながら行う必要があります。